「キャリアトレック」を活用してシステムエンジニアへ転職!

IT業界の人材不足について

人材不足を抱えるIT業界の現実

人気記事

スカウトサービスがある「キャリアトレック」

スカウトサービスがある「キャリアトレック」
LINEで送る
Pocket

「キャリアトレック(careertrek)」のレコメンド機能

最近ではインターネット上に、転職情報提供サービスやマッチングサイトが数多くあります。特にITエンジニアは、人材不足から転職市場では売り手市場となっており、求人企業と求職者とのより良いマッチングを果たすために、各社各様にしのぎを削っています。その中で「キャリアトレック」は、人工知能による「レコメンド機能」を利用することによって、マッチングの精度を高める工夫をしています。ITエンジニアとしての転職を希望する人は、サイトに掲載されている数々の求人募集案件について、希望する場合には「興味がある」、あるいは希望しない場合には「非表示」という、二通りの簡単な意志表示をすることによって、より自分の好みや希望条件に合う企業と出会う確率が高まるというわけです。
それだけではなく、この「興味がある」と意思表示された案件情報の企業の担当者は、それによって求職者側の経歴に関する情報の一部を確認することができるようになります。つまり転職希望者の側からすれば、あらかじめ自分の経歴などの情報を充実させておくことによって、より積極的に好みの企業の担当者にアピールすることができることになるのです。
転職活動は、制約された時間の中で、できるだけ効率的に行わなければなりません。転職希望者は自分以外にも大勢いるのであり、ネットを介して同じように好みの企業に続々とラブコールを送っています。そのため企業担当者側が、多くの情報の中から自分を選び出してくれるように、できるだけのことをしておく必要があるのです。

「キャリアトレック」のスカウト制度

「キャリアトレック」では、独自の制度として、「スカウト」・「優先スカウト」・「プラチナスカウト」という3種類のスカウトメッセージがあります。

求人情報について詳しく知りたい方はオフィシャルサイトへ求人情報について詳しく知りたい方はオフィシャルサイトへ

このうち「スカウト」と「優先スカウト」というメッセージの場合には、求職者側の登録情報と、求人企業やヘッドハンターの求める条件をシステム上自動的に照合し、マッチングした場合に送信されるものです。一方 の「プラチナスカウト」とは、求人企業やヘッドハンターが求職者側の経歴情報を見て、実際に一度会って話をしたいと思った場合にのみ送信するメッセージであり、面談が確約されていることを意味します。
ITエンジニアは人材不足とはいいながら、企業側も誰でも良いというわけではありません。求めるスキルや知識、あるいは人物像というものがあり、相応の待遇やポジションを用意している場合などは特に、多くの応募者から絞り込む手間を省いて、少数ながら選りすぐりの転職希望者の中から、じっくりと吟味しようと考えている場合も少なくないのです。

IT業界の方に人気のカテゴリ

転職するなら今がチャンス
ページトップ