システムエンジニアとして未経験から採用される条件とは?

IT業界の人材不足について

人材不足を抱えるIT業界の現実

人気記事

未経験が採用される条件

未経験が採用される条件
LINEで送る
Pocket

ITエンジニアを取り巻く環境

高度経済成長期からバブル景気の崩壊を受けて、不況に陥ったまま厳しい経済情勢に耐える日本社会において、IT産業は一際目を引く活況を呈しており、その存在感を増しています。欧米流の実力主義が比較的馴染みやすく、転職にも積極的で、また活力のあるベンチャー企業が次々と生まれるなど、起業も盛んで投資対象としても魅力に富んでおり、保守的な日本において異色の存在とも言えます。
しかし世界規模における競争が激化して、今やITエンジニアはどこであれ引っ張りだことなっているため、転職市場は売り手市場で、人材不足の状態が続いています。将来的にも需要の高まりに伴って、ますます人材不足が深刻化すると予測されていることから、転職情報提供サービスや転職支援のエージェントも増えている中、ここにきて企業側も、初めからある一定レベル以上のスキルや知識を求めるのは多少なりとも諦めて、未経験者であっても採用し、適切な教育を施してから、戦力として活用する道を探るように変化してきています。流行廃れの激しいIT業界においては、昨日のスキルや知識が今日には使い物にならないということも、ままあることなのであり、広く一般にIT技術が普及して、個々のニーズが多様化している現在では、求める人材とのマッチングが中々難しいという面もあるのです。

未経験からITエンジニアへ転職

そこで全くの未経験者がITエンジニアへ転職するということも不可能ではないとはいえ、現実問題として短期間のうちにプロの仕事を求められる現場に立つことを考えれば、ある程度の素養は不可欠と言えます。ITエンジニアにとって基本であるプログラミングの知識に加えて、それぞれの目指す現場で求められるスキルや知識は、今やITエンジニアの活躍する場面が多岐に及ぶために、それぞれの場合に応じて異なります。
そのためいくら未経験者を受け入れると言っても、実際には最初に条件を設けているというのが通常です。その条件も、やはり企業側の事情やニーズに応じて様々であり、英語力を重視して特に技術面は不問とする場合や、あるいはやはり基礎的な知識を求める場合など、個々の採用条件を確認する他ありません。
その一方で、人材派遣会社や転職支援のエージェントなど、ITエンジニアへの転職を希望する未経験者に対して、一歩踏み込んだ支援として、一定の基礎的な研修やスクール受講を用意していることもあります。それらを修了した後に、その時点におけるレベルや双方の希望から適切な現場を紹介してもらい、後は自らのやる気と勉強によって、活躍の場を広げて行くのは自分次第ということになります。

IT業界の方に人気のカテゴリ

転職するなら今がチャンス
ページトップ