システムエンジニア不足である現状と需要の推移を予測

IT業界の人材不足について

人材不足を抱えるIT業界の現実

人気記事

需要の推移を予測する

需要の推移を予測する
LINEで送る
Pocket

IT人材の需要と供給

例えばネットショッピングが当たり前になることによって、実店舗展開の戦略見直しを迫られるようになってしまうなど、IT技術の進歩に伴う様々な変化への対応が求められる時代になっています。その影響は至る所に及んでおり、ますますIT人材の需要を高める結果となっています。一部では小学生からプログラミングを学習する機会を与えるなどといった試みも始まっているようですが、今や日本も国家戦略としてIT立国を目指しており、高度ネットワーク社会の実現に向けてまい進し続ける上でも、人材の確保と育成という視点は、欠くことのできないものになっているのです。もっとも日進月歩のIT業界において、企業側が求める人物像と、実際に職を求める人との間のギャップが、ミスマッチを引き起こすこともある点は否めません。

売り手市場の形成

そうは言うものの、絶対的に人が不足する中で、新たな活路を求めて未経験からIT業界に転職しようという人も増えています。企業側も求めるレベルの人材に巡り合う日を待つ余裕が無く、いっそ自社などで教育をして人材を育てる必要に迫られている場合も少なくないなど、売り手市場の傾向がますます強まっているのです。また多くの企業において、これまでに基本的なシステムの導入は一段落しているようですが、高価なものでありながら現場の運用上使い勝手が悪かったり、より柔軟で自社仕様にカスタマイズされたものを望んだり、あるいは新たなサービス開発に乗り出すなど、ニーズは多様化しています。日本では東京で2020年にオリンピックが開催されるのに併せて、様々な思惑が交錯していますが、概してその頃までは、IT需要も高止まりするものと予測されています。

世界規模の競争激化

しかしその一方で、IT分野においては、言語や国境が必ずしも参入障壁にはならないという事情もあります。ネット上で瞬時に世界中の情報が飛び交うのが当たり前となっている現在、それを支えるIT人材もIT企業も、日本国内に留まる必要はなく、世界で活躍することが可能であり、それにつれて求められる世界標準のレベルはより一層高くなっています。
また例えばホームページの制作やサーバーの構築などといったように、従来であれば専門家に頼まざるを得なかったようなサービスも、IT技術の革新によって、ある程度誰でも簡単にできるような、操作性の高い自動化サービスが提供されるようになり、従って専門家を頼まなくて済むようになる、などといった変化を次々と引き起こしています。結果としてIT人材として活躍し続けるためには、より高度専門的なスキルや知識が求められるという、厳しいスパイラルを生み出しているのです。

IT業界の方に人気のカテゴリ

転職するなら今がチャンス
ページトップ