システムエンジニアがフリーランスになるメリットのひとつが自由

IT業界の人材不足について

人材不足を抱えるIT業界の現実

人気記事

独立して自由を手にしよう

独立して自由を手にしよう
LINEで送る
Pocket

フリーエンジニアの増加

IT業界は、アメリカで本格的に開発などが始まった歴史は浅いながら、その技術で瞬くうちに世界中を席巻してしまった感があり、保守的傾向のある日本社会にあっても、欧米流の実力主義が比較的抵抗なく受け入れられやすい業界といえます。働く人の意識も、ステップアップや収入アップのための転職に前向きであり、労働流動率も他の業種に比べると高く、またベンチャー企業が次々と挑戦するなど、起業が目立つのも特徴です。
そして昨今はこのIT技術の進歩による高度ネットワーク社会の実現に向けて大きく前進しており、インターネットで世界中がつながるなど、新たな局面が開けています。企業は不況下にあって、できるだけ業務をアウトソーシング化するように変化しており、その一方で働く人の意識もワーク・ライフ・バランスを大事にするなど、より多様な働き方を希望するようになっています。そのためITエンジニアとしての実力によっては、フリーランスとして働くことも夢ではなくなっているのであり、現実にその夢を実現している人の数は増えています。

フリーランスの獲得する自由

フリーランスという働き方は、時に「社畜」などと呼ばれる昨今のサラリーマンにとっては、羨望の的といえるでしょう。会社勤めの身では、会社の指示や命令には絶対服従であり、時間的にも場所的にも常に拘束されていますが、フリーランスには何と言っても自由があります。フリーランスの自由には、金銭的な自由や時間の自由や仕事の選択の自由などといった、様々な側面があります。今の世の中では、どこもエンジニアは不足しており、引く手あまたの売り手市場です。実力がモノを言う厳しい世界ですが、逆に実力次第では、高収入を手にすることができるのです。
会社勤めであれば、長時間労働が当たり前で、連日深夜に及ぶ残業や休日出勤が当たり前というような話も聞かれ、そのために時間単価に換算すると雀の涙ほどでこき使われていて、まともに評価されていないということも珍しくありませんが、フリーランスであれば、時間単価を決めるのは実質的には自分自身なのです。仕事の効率を高めて、実力を正当に評価してもらえるクライアントと契約をすることができれば、長時間労働の罠や、下請け・孫請けの悲哀から解放されることになるのです。
またフリーランスになれば、仕事をする場所や時間を自由に決めることができます。例えば自宅に限らず、カフェやホテルなど、自分の集中できる環境を選ぶことができ、また仕事をする時間も早朝であれ深夜であれ、納期までに仕事を完成させることができさえすれば、誰に文句を言われる筋合いもありません。

IT業界の方に人気のカテゴリ

転職するなら今がチャンス
ページトップ