フリーランスのシステムエンジニアは「レバテックフリーランス」で良質案件を獲得

IT業界の人材不足について

人材不足を抱えるIT業界の現実

人気記事

良質な案件の「レバテックフリーランス」

良質な案件の「レバテックフリーランス」
LINEで送る
Pocket

「レバテックフリーランス」は良質案件

フリーランスになると、会社勤めとは違って、自分で仕事の案件を獲得しなければなりません。会社勤めのように、エンジニアであれば、営業をする必要が無く、次々と任される専門的な仕事を日々黙々とこなす、というようなわけには行かないのです。しかし最近はITエンジニアの人材不足が続いており、人材派遣会社や転職支援のエージェントなどに加えて、フリーランス向けの案件情報の紹介サイトも次々と誕生し、フリーランスエンジニアの仕事探しに一役買っています。今も昔も人脈が大事と言われるフリーランスの仕事探しですが、多くの場合、社会的信用の無いフリーランスに、いきなり仕事を依頼するクライアントは、そう多くはいないものです。
しかし業務のアウトソーシング化を進めるように企業の意識が変化しつつある現在、このようなサービスを提供する第三者を介することによって、一人一人の人脈では到底辿り着くことができないような広範囲のクライアントに、直接つながる可能性が広がっているのです。「レバテックフリーランス」では、特にフリーエンジニアに特化した情報を提供しており、それは実に年間紹介案件数が30,000件以上という、業界でも有数の多さを誇ります。しかしその全てをサイト上で、広く一般向けに公開しているというわけではありません。

「レバテックフリーランス」では、誰でもサイトにアクセスすれば閲覧できる案件の他に、非公開案件をその約3倍以上も抱えています。

案件情報について詳しく知りたい方はオフィシャルサイトへ案件情報について詳しく知りたい方はオフィシャルサイトへ

条件が良くて応募が殺到してしまいかねないような案件は、より良いマッチングを慎重に判断するために、敢えて非公開とされていることも少なくないのです。

「レバテックフリーランス」のサポート体制

そして単に紹介する案件数だけではなく、その質の高さも魅力です。特にweb開発系の案件を得意としているのですが、「レバテックフリーランス」では、それぞれの担当者自らが開発現場に足を運び、年間3,000回もヒアリングを行うことによって、クライアント側のニーズを詳細に把握するよう徹底しており、それによって紹介する情報の質の高さを維持しているのです。
更に技術的な知識が豊富な専門のカウンセラーが、現場に関する情報も頻繁にチェックすることによって、個々のエンジニアとの最適なマッチングを実現したり、フォロワーと呼ばれるサポート担当が、案件参画後のエンジニアに対しても、就業中の個々の状況を確認したり、仕事の悩みや不安を解決したり、あるいは契約更新のための手続きを速やかに行うなど、フリーエンジニアをトータルでサポートする体制も充実しているのも、大きな特徴といえるでしょう。

IT業界の方に人気のカテゴリ

転職するなら今がチャンス
ページトップ