フリーランスのシステムエンジニアは「リトル・ブレンド」で働き方を選ぶ

IT業界の人材不足について

人材不足を抱えるIT業界の現実

人気記事

働き方を選べる「リトル・ブレンド」

働き方を選べる「リトル・ブレンド」
LINEで送る
Pocket

「リトルブレンド(littleblend)」では働き方も多様

ITエンジニアがフリーランスとして働くにあたり、その働く形は決して一つではありません。ウェブデザイナー、エンジニア、イラストレーター、ディレクター、プランナー、マーケッター、プロデューサーなど、クリエイティブなフリーランス向けに案件情報を提供するサービスを展開している「リトルブレンド」では、クライアントワークを紹介するための事業を独自に「クリエイティブエージェンシー」と名付け、その中でフリーランスでありながら、より多様な働き方を提案しています。

「リトルブレンド」のエージェントが、プロとして案件獲得のための営業活動を担うことにより、フリーランスは自分自身の専門的な業務に専念することができるのであり、その働き方も選択できるのです。

案件情報について詳しく知りたい方はオフィシャルサイトへ案件情報について詳しく知りたい方はオフィシャルサイトへ

例えばクライアントと業務委託契約を結んで、クライアント企業内に常駐する形で業務を遂行する場合や、フリーランスでは実現が難しいような大規模なプロジェクトに挑戦するため、あるいは安定した収入を得るためなどに、敢えて一企業の正社員や契約社員となる場合、またはより小回りが利いてフレキシブルに活動するための半常駐型という選択もありますし、クライアントからのニーズの高い確かな技術を持っており、安定的に稼働できる場合には、長期コミット型SOHOとして活躍するなど、これまでの経歴や実績や希望などから、それぞれのステージに合った選択が可能です。そのため「リトルブレンド」では、まずは最初にフリーランスから「強み」「活動方針」「条件」「将来設計」などを軸に、しっかりとヒアリングを行い、最適なマッチングができるよう努めているのです。

「リトルブレンド(littleblend)」で不安解消

「リトルブレンド」が独自に行ったアンケート調査結果によれば、フリーランスにとって、自分の裁量権が広いという点や、時間の融通が利くという点は、メリットと感じられているようです。しかしその一方で、多くのフリーランスが、収入が不安定という点をデメリットに挙げています。またフリーランスとして独りで活動を続ける中で、仲間との接点が少なく、様々な悩みの解消やモチベーションを高めるための仲間作りが思うようにできなかったり、あるいはクライアントとの契約の場面において不安を感じるというところがあるようです。
そこで「リトルブレンド」では、このようなフリーランスのメリットを最大限に活かしながら、その一方でデメリットから活動が制限されることのないようにきめ細かくサポートし、またそれぞれの悩みや不安をできるだけ解消できるよう、支援体制を整えています。

IT業界の方に人気のカテゴリ

転職するなら今がチャンス
ページトップ